TOY CAR LANDトイカーランド

小型欧州車専門店

 

BLOG

フィアット500 ドアガラスレギュレーター交換

2019年12月14日

チンクエチェントこと、FIAT500のドアガラスが外れましたーっと、

他府県からお引越しされて来られましたお客様からの、SOSがございましたので

早速、ドア内張り分解取り外し、状態確認してみましたー

頭の中では、あのパーツが割れちゃってワイヤーケーブルが絡まっている絵を想像してしまいながら、、、

 

 

 

あの弱い割れてしまう、ぷらっちっく←かなり古い言い方 のパーツ、、、

「もうちょっと、どないかならへんのかいなー」 ←関西弁まるだし。 っと

ぶつぶつ言いながら、、、

ドア内張りを分解取り外しを、、、

「チンクはなんてバラシ易いんやろー」

「イタ車は、しんぷる いず べすと ってよう言うたもんやー」

「昔のチンク、パンダなんか、はんどる付いとった、、」

「チンクもハンドルぐるぐるしたらええのになー」

「カッコええでー」

とか、わけの解らない言葉をブツブツつぶやきながら、、、

 

 

 

 

 

下が壊れたレギュレーターで、上がたまたまストック在庫してました新品パーツです。

ワイヤーケーブルの外れ絡みは無かったですが、

 

 

 

 

やはり、重いドアガラスを受けている白いプラスチック部分のパーツが割れて破損してました!

 

 

 

今回、新品交換の社外品のレギュレーターは、、、

 

ご覧の通り、良く破損してしまう部分のパーツ部分がスチール製!?

 

あんとにを いのき より 強くて

ふじなみ たつみ みたいに、タフやでー!、、、

 

 

お客様は、あったかい暖房の効いたチンクで、爽快にご帰宅なされましたー。

あー良かったー。

 

 

つづく。

 

 

 

 

 

 

この記事へのコメント

名前
メール
URL
コメント


   画像に表示されている文字を半角英数で入力してください。
   
   

SEARCH

BACK NUMBER

 2020年
 2019年
 2018年
 2017年
 2016年
 2015年
 2014年
 2013年
 2012年
 2011年
 2010年
 2009年
 2008年
 2007年
 2006年
 2005年

メッセージ